壁紙クロス交換リフォーム 相場費用や交換時期はどれくらい?リフォームの際の注意点は?

壁紙をリフォーム・張り替えする際にかかる相場費用はどれくらいなのか気になる方は多いですよね。

また壁紙リフォームは素材選びのポイントを理解しておかないと失敗してしまうことがあります。

そこで以下「壁紙クロス交換リフォーム 相場費用や交換時期はどれくらい?リフォームの際の注意点は?」として壁紙リフォームの相場費用とリフォームの際の注意点をまとめていきます。

壁紙クロス交換リフォームを行う目安時期はどれくらい?

まずは壁紙クロス交換リフォームを行う際の目安となる交換時期についてです。

壁紙クロス交換リフォームの一般的な目安時期は5年~10年とされています。

しかしクロスの痛みや汚れによっては目安時期よりも短い年数で交換すべきケースもあります。

具体的には以下のケースが該当します。

壁紙クロス交換リフォームを目安時期より早く交換すべきケース・・・壁紙の汚れや傷が目立つ場合

壁紙は汚れや傷が目立ってきたら張り替えるべきです。

特にペットを飼っていたり小さい子供がいる場合は壁紙が交換の目安時期を待たずして痛んでしまうリスクが倍増します。

壁紙に汚れや傷があると部屋全体の印象も悪くなるため汚れや傷が目立ち始めるタイミングで積極的に交換リフォームを行いましょう。

壁紙クロス交換リフォームを目安時期より早く交換すべきケース・・・家族にタバコを吸う喫煙者がいる場合

視覚的に把握できる汚れと傷のみならずタバコの臭いも壁紙を交換すべき大きな要因となります。

特に室内で喫煙する場合はタバコの臭いがどんどんクロスに染み込んでいきます。

非喫煙者が訪れたときに不快にならないように定期的にクロスに染み込んだ臭いについても確認し匂いが顕著になってくる前に交換することを意識しましょう。

壁紙クロス交換リフォームを目安時期より早く交換すべきケース・・・湿気が強い部屋の場合

湿気が強い部屋の壁紙はクロスの表面に染みのようにしてカビが浮いてくるケースがあります。

こうしたカビはぜんそくなどの健康被害の要因となるため早急の対応が必要です。

特にカビがクロスの下地から発生している場合は表面のクロスのみを張替えてもカビを根絶することはできません。

こうした場合は専門業者に依頼してカビを根絶していきましょう。

壁紙クロス交換リフォーム相場費用はいくら?

壁紙張り替えリフォーム費用は「壁紙(クロス)自体の価格+工事費用」の合計額で決まります。

以下壁紙クロスの相場費用と工事費用それぞれについて相場価格をまとめていきます。

壁紙クロス交換リフォーム相場費用・・・壁紙クロスの相場費用はいくら?

壁紙のグレードは大きく分けてスタンダードとハイグレードの2つがあります。

ハイグレードのものは1㎡あたり1000~1500円ほど。

スタンダードのものであれば、1㎡につき800~1000円ほどです。

これらをふまえたうえで壁紙クロスの相場費用を部屋の大きさごとにまとめると以下のようになります。

部屋の広さ スタンダード ハイグレード
4畳半(壁面積:約25㎡) 25、000円~ 37、500円~
6畳(壁面積:約30㎡) 30、000円~ 44、000円~
8畳(壁面積:約40㎡) 40、000円~ 60、000円~
10畳(壁面積:約45㎡) 45、000円~ 67、500円~

壁紙クロス交換リフォーム相場費用・・・工事費用の相場費用はいくら?

壁紙クロス交換リフォームを行う際に発生する工事費用には室内養生費・廃材処理費・荷物移動費が考えられます。

以下それぞれの具体的な内容を相場費用とともに表にまとめます。

工事費用名 具体的内容 相場費用
室内養生費 床や壁を保護するためにビニールなどで保護するための費用 5000円
廃材処理費 リフォーム前の壁紙・クロスを処分するための費用※1mあたりで計算 2200円
荷物移動費 壁紙・クロスを張り替える際に家具を動かすのにかかる費用 5000円

壁紙クロス交換リフォームの費用をおさえるポイントは何?

では壁紙交換リフォームの相場費用を理解したところで費用を安くおさえるポイントについてまとめていきます。

大きく➀壁紙のグレードと工事の見直し➁補助金の活用の2つが挙げられます。

以下それぞれについて解説していきます。

壁紙クロス交換リフォームの費用をおさえるポイント・・・グレードと工事の見直し

壁紙にはスタンダードとハイグレードの2種類のグレードがありスタンダードのものであれば費用を安く済ませることができます。

また工事費については荷物の移動費は家族で協力して家具を移動させるなどすれば業者の手を借りずに行うことができコストカットが可能となります。

壁紙クロス交換リフォームの費用をおさえるポイント・・・補助金の活用

また壁紙のグレードや工事の見直しに加えお住いの自治体がリフォームにつき補助金制度を行っている場合は申請することでさらにお得にリフォームを済ませることができます!

是非お住いの自治体に確認してみましょう!

壁紙クロス交換リフォームの際の注意点まとめ

そして本記事の最後に壁紙クロス交換リフォームの際の注意点をまとめていきます。

この注意点もしっかり理解することでぼったくり業者から身を守ることも可能となる重要ポイントです!

しっかりおさえておきましょう!

壁紙クロス交換リフォームの際の注意点1・・・畳(帖)の単位には要注意!

壁紙の工事費用を比較する際には単位に気をつけましょう!

「6畳(帖)で〇円」という記載内容で宣伝・案内をしている業者が多いです。

しかし「畳(帖)」は床面積を表す単位。

実際に施工する壁の面積は天井の高さによって変わってきます。

天井が高い部屋の場合は料金が大きく変わってしまう可能性があります。

また天井のクロスを一緒に交換するかどうかでも総額費用が変わってきます。

見積書で提示されている金額が天井分も含まれる料金なのかも確認しましょう。

実家の壁紙張替えリフォームの際の注意点2・・・mと㎡の単位に要注意!

壁紙張替えリフォームにおいてもう1つ気を付けなくてはいけない単位があります。

それが「m」と「㎡」です。

「㎡」記載についてはそのまま1平方メートルあたりの費用と解釈すればOK。
一方注意が必要なのが「m(メートル)」記載の場合です。

一般的に壁紙はトイレットペーパーのようにロール状になっておりその幅は約90cmの場合が一般的です。
そのため壁紙1mの面積は1m×0.9m=およそ0.9㎡となります。

ここで仮に9㎡の壁紙張替えリフォームをお願いしたとして「1㎡あたり1000円」と「1mあたり1000円」と記載された見積書があったとします。

前者の「1㎡あたり1000円」の場合はかける9で9000円。
こちらは明朗会計です。

しかし後者の「1mあたり1000円」の場合は長さ自体が10mということになるため10,000円ということになってしまうのです!

「壁紙クロス交換リフォーム 相場費用や交換時期はどれくらい?リフォームの際の注意点は?」まとめ

以上「壁紙クロス交換リフォーム 相場費用や交換時期はどれくらい?リフォームの際の注意点は?」でした。

壁紙交換リフォームは相場費用もさることながら見積書に記載されている単位にも要注意のリフォームといえそうですよね。

とくに「1mあたり〇円」と記載のある見積には気を付けた方が無難かもしれません。

とんだぼったくり業者かもしれません。


トイレリフォームの業者探しは厳選した優良業者のみを無料で紹介してくれるタウンライフリフォーム!